読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

td-agent(fluentd)で日付指定のログをtailする①-シンボリックリンクでやる

はじめに

他のエントリのための補足エントリとしても使いたかったので書きました

とはいえ、こちら(7.シンボリックリンクでの…トコ)で書いたんですが
このトピックについては埋もれてわかりずらかったので切り出せてよかったかも

また、tail_exプラグインを使うこともできます。それについてはこちら
td-agent(fluentd)で日付指定のログをtailする②-tail_exでやる

補足

そんなにテクニカルでも有用でもないカモですがこちらにメモまとめをメモっておきました →td-agent(fluentd)を本番サ―ビスで小さく使ってみたメモ-まとめ

ながれ

作業は短いですがこんな感じです

  1. 日付指定ファイルのシンボリックリンクを作成する
  2. td-agent.confのsourceディレクティブのtailのpathにシンボリックリンクを指定する

ってことで作業

1. 日付指定ファイルのシンボリックリンクを作成する

tailのpathで指定したいファイルがaclog.login.2014-05-14だとするとこんな感じ

# ln -nfs aclog.login.`date "+%Y-%m-%d"` aclog.login.log

日付指定のファイルが日時でできるのであれば上記をshとかにして
cronで毎日0時0分に実行することで
date "+%Y-%m-%d"の部分が2014-05-14になります

2. td-agent.confのtailのpathにシンボリックリンクを指定する

td-agent.confのtailディレクティブはシンボリックリンクのほうを指定します

# cat td-agent.conf
<source>
  type tail
  format json
  path /hogehoge/aclog.login.log
  pos_file /hogehoge/aclog.login.log.pos
  tag project.aclog.login
</source>

ってことで、これだけですが切り出せてよかったー