読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

githubに適当にリポジトリ作って開発環境としてみるメモ②-windowsにgit cloneってみる

はじめに

仕事では普通に使っていますが、
個人でgithubりたいときどーすればいいの?って聞かれたので
めんどうなのでコレみてやってっていえる記事をメモります。
windows番です

やりたいことはこんな感じです

補足

linux版はこちら
githubに適当にリポジトリ作って開発環境としてみるメモ①-さくらvpsやら会社のlinuxにgit cloneってみる

ながれ

  1. githubアカウント作成(やってある前提)
  2. Github for Windowsをダウンロード&インストール
    windowsリポジトリ新規作成→githubに同期
  3. Github for Windowsを使ってみる
    githubリポジトリwindowsに同期
  4. 補足
    windowsの既にあるフォルダをリポジトリに追加

1. githubアカウント作成(やってある前提)

こちらはやってある前提なのではぶきます
とはいえ、これみてって言えるようにはしたいので参考リンクを貼って手抜きします
『「Github」のアカウントは登録するけど「Github」にはちっとも触らない』ちょっとおバカなGithub「超『超』入門」

2. Github for Windowsをダウンロード&インストール

windows版はダウンロードしてそのまま次へ系なので簡単かと思います

f:id:tweeeety:20140811150001p:plain

  • とりあえず実行

f:id:tweeeety:20140811150201p:plain

  • installクリック

f:id:tweeeety:20140811150149p:plain

  • ここは待ってるだけ。時間は数分かかりました

f:id:tweeeety:20140811150155p:plain

3. Github for Windowsを使ってみる

使ってみるのも簡単こんなステップでできます
それぞれ1分もかからないでしょう

  • 立ち上げる
  • リポジトリ作る
  • ファイルを作る
  • commitする
  • publishする
  • github上で確認
立ち上げる
  • インストールが終わったら勝手に立ち上がります。
    ※立ち上がらない場合はスタートメニューから立ち上げて下さい

f:id:tweeeety:20140811150317p:plain

リポジトリ作る
  • 右上の+をクリック

f:id:tweeeety:20140811150324p:plain

f:id:tweeeety:20140811150332p:plain

f:id:tweeeety:20140811150345p:plain

リポジトリはデフォルトでC:\Users\ユーザ名\Documents\GitHub配下に作られます

ファイルを作る
  • 新規ファイルを作ってみます
    普通にエクスプローラなんかでC:\Users\ユーザ名\Documents\GitHubを開くと先ほど作ったhatena-github-test-for-winができてます。 その中に新規ファイルを作成します

  • Github for Windowsを確認するとファイルが追加されてます
    test_file.txtの右側ステータスがnewとなっています

f:id:tweeeety:20140811150353p:plain

commitする
  • ファイルをcommitしてみます
    Uncommitted changesと表示されている真ん中ペインのSummaryとDescriptionを書いてcommit to masterをクリック

f:id:tweeeety:20140811151117p:plain

  • もしCommit failedと表示されてcommitが失敗の場合、Open optionsをクリック
    失敗しなかった場合は2つ下まで進みます

f:id:tweeeety:20140811153132p:plain

  • とりあえず諸情報を入力してupdate

f:id:tweeeety:20140811153142p:plain

  • こんな感じでcommit完了しました
    ※失敗だった場合は諸情報update後に再度commitでこの完了画面

f:id:tweeeety:20140811153158p:plain

この状態ではローカルリポジトリにコミットされただけでGithub上のリポジトリに同期されてません Publishすることで同期されます

publishする
  • ってことでPublish Repositoryクリック

f:id:tweeeety:20140811153217p:plain

  • Descriptionとか記入してPublish リポジトリ名をクリック

f:id:tweeeety:20140811153224p:plain

  • 右上がSyncとなっていれば完了です

f:id:tweeeety:20140811153231p:plain

github上で確認

github上で確認するとこんな感じでリポジトリが追加されました

f:id:tweeeety:20140811153734p:plain

3. Github for Windowsを使ってみる

windowsでリポジトリ新規作成→githubに同期は上記でやりました。
今度はすでにあるリポジトリgithub for windowsに同期します

f:id:tweeeety:20140811160026p:plain

  • Clone in Desctopをクリック

f:id:tweeeety:20140811160101p:plain

  • いろいろ表示されるがアプリケーションの起動をクリック

f:id:tweeeety:20140811160318p:plain

  • github for windowsが立ち上がりフォルダ選択が表示されるので、
    同期したいフォルダを選択してOK
    デフォルトのC:\Users\ユーザ名\Documents\GitHubにしました

f:id:tweeeety:20140811160325p:plain

f:id:tweeeety:20140811160332p:plain

補足

windowsの既にあるフォルダをリポジトリに追加も補足です

キャプチャとかしませんが、
もし既にあるフォルダごと追加したい場合は簡単です。
github for windowsを立ち上げてそこにドラッグ&ドロップするだけ

まとめ

今回はwindowsについて載せておきました!
これで環境はできたので後はお好きにする感じです!enjoy!