読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

Mac(OS X)とVMWare Fusion7(CentOS5.3)で開発環境を作る-VMWareToolsインストール、共有フォルダ設定して共有フォルダにアクセスしてみる

はじめに

ホストOSのmac(OS X 10.9.4)にVMWare Fusion7(CentOS5.3)を入れてます。
VMWareにゲストOSとして入れたCentos上で開発環境を作るために
どうしてもやりたいことがあります!
ファイルの共有です!
だってmacターミナルでvimるとかよりsublime Textとか使いたいし。。。

そのための第一歩としてVMWareToolsをインストールと共有の設定メモ。

共有の方法としてこの2つを行います。
今回はこのうちのVMWare Toolsを使ってファイル共有 について。

  • VMWare Toolsを使ってファイル共有
  • sambaを使ってファイル共有

ながれ

  1. 環境&準備
  2. VMWareToolsインストールする
  3. 共有の設定をする(mac側)
  4. 開発環境について

1. 環境&準備

環境

今回はこんな環境で行ってます

準備

準備というかメモ程度なので必須ではありません。
単純にmacのターミナルからvmwaressh接続してみるテストです

vmware側でのcenos cuiでの操作はいろいろ不便です。
ブログとか参考記事見ながらのコピペもできないですしね(方法は確かある)
なのでmacターミナルからsshで接続して作業を行います

VMWare

sshするためにipを確認します

# ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:11:6C:B7:1B  
          inet addr:192.168.239.129  Bcast:192.168.239.255  Mask:255.255.255.0
・・・省略・・・

ifconfigがnot foundの場合はこちらを参考に
linux(centos)で/sbinやら/usr/sbinがnot foundなのでパスを通す

mac
# ssh root@192.168.239.129
root@192.168.239.129's password: 
Last login: Fri Sep 19 20:55:58 2014 from 192.168.239.1

入れたので準備はこれでOKです。

2. VMWareToolsインストールする

ほとんどここがメインとなります。
こちらを参考に行いました。素直にやってみます。

VMware起動してみただけ

起動するとこんな感じで表示されるくらいなので共有しないにしても
VMware Toolsはインストールしたほうがよさげですね。

f:id:tweeeety:20140919234839p:plain

VMware Toolsとは何か、なぜインストールしたほうが良いかが知りたい方はこちら
解説:よくわかる VMware FUSION 第六章( VMware Tools 編)

Vmware Toolsインストールしてみる

cdromのマウント

メニューの仮想マシン > VMware Toolsのインストールをクリックします

f:id:tweeeety:20140919234859p:plain

するといきなりつまづきますw
CD/DVDデバイスが必要だとのことなのでそちらの作業からはじめます

f:id:tweeeety:20140919235800p:plain

このままmacターミナルからcdromマウントしようとしてみる

これはダメパターンなので飛ばしてもらって大丈夫なオペレーションです。
のちほど大丈夫な状態と比較するために載せておきます。

# ssh root@192.168.239.129

# ls mnt
--- まだなにもない ---

※ mountするディレクトリを作成
# sudo mkdir /mnt/cdrom

# mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
mount: スペシャルデバイス /dev/cdrom が存在しません

# ls -al /dev/cdrom*
ls: /dev/cdrom*: そのようなファイルやディレクトリはありません

ってことで、メニューからCD/DVDデバイスを追加します。

CD/DVDデバイスを追加する

今度はメニューの仮想マシン > 設定をクリック

f:id:tweeeety:20140919235845p:plain

設定画面が開くのでデバイスを追加を選択

f:id:tweeeety:20140919234956p:plain

CD/DVD ドライブを選択
すると仮想マシンをシャットダウンするまで、このデバイスを追加できませんと。。。
Oh...めんどくさいw

f:id:tweeeety:20140919235010p:plain

キャプチャは省きますがメニュー仮想マシン > シャットダウンでシャットダウンし、再度上記をチャレンジします。
すると今度は追加できるようになりました

f:id:tweeeety:20140919235222p:plain

メニューの仮想マシンを見てみるとCD/DVD(IDE)が追加されているのがわかります

f:id:tweeeety:20140919235237p:plain

再度Vmware Toolsインストール

メニューの仮想マシン > VMware Toolsのインストールをクリックします

f:id:tweeeety:20140919235901p:plain

今度は仮想CDドライブから。。。と言われてるのでインストールをクリックして次の作業に入ります。

f:id:tweeeety:20140919235915p:plain

今度はちゃんとmacターミナルからcdromマウントする
※ 今度はちゃんとできている
# ls -al /dev/cdrom
lrwxrwxrwx 1 root root 3  9月 19 20:52 /dev/cdrom -> hda

※ mountするディレクトリを作成(上でやってたら飛ばす)
# sudo mkdir /mnt/cdrom

# sudo mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
mount: ブロックデバイス /dev/cdrom は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします

※ 中身みてみる
# ls -al /mnt/cdrom
合計 67726
dr-xr-xr-x 2 root root     2048  8月 26 06:45 .
drwxr-xr-x 3 root root     4096  9月 19 20:35 ..
-r--r--r-- 1 root root 67898121  8月 26 06:25 VMwareTools-9.8.3-2075148.tar.gz
-r-xr-xr-x 1 root root     1958  8月 26 06:24 manifest.txt
-r--r--r-- 1 root root     1850  8月 26 06:23 run_upgrader.sh
-r-xr-xr-x 1 root root   683620  8月 26 06:23 vmware-tools-upgrader-32
-r-xr-xr-x 1 root root   754072  8月 26 06:23 vmware-tools-upgrader-64

ってことなので、ひとまずマウントまでできました。

インストール

いよいよインストールします。
途中いろいろ聞かれますが、すべてEnter押すだけにしました。

※ マウントした場所から一時領域にファイルをコピー
# sudo cp -ap /mnt/cdrom/VMwareTools-9.8.3-2075148.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz

※ もう必要ないのでアンマウント
# sudo umount /dev/cdrom

※ ファイルを展開
# cd /tmp
# sudo tar zxvf VMwareTools.tar.gz

※ perlスクリプト実行。いろいろ聞かれるがEnter連打
# cd vmware-tools-distrib
# sudo ./vmware-install.pl
Creating a new VMware Tools installer database using the tar4 format.

Installing VMware Tools.

In which directory do you want to install the binary files? 
[/usr/bin] 
・・・省略・・・
to use the vmxnet driver, either reboot or
1. stop networking or stop any interface using the vmxnet or pcnet32 driver
2. remove the pcnet32 module with 'rmmod pcnet32'
3. remove the vmxnet module with 'rmmod vmxnet'
4. load the vmxnet module with 'modprobe -v vmxnet'
5. and restart networking or restart the stopped network interfaces

Enjoy,

--the VMware team
確認&再起動
※ 確認
# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v
9.8.3.37963 (build-2075148)

※ 再起動
# reboot

※ 起動したら一応確認
# ps aux | grep vmtools
root      2555  0.0  0.7  29264  3904 ?        S    11:02   0:00 /usr/sbin/vmtoolsd

# service vmware-tools status
vmtoolsd is running
補足

vmware toolsの動作確認はこちらを参考にしました
VMwareToolsの動作確認・起動はどのようにすれば良いですか。

また、インストールされているとメニューはこんな感じになってるかと思います f:id:tweeeety:20140922122750p:plain

3. 共有の設定をする(mac側)

最後に共有の設定をします

vmware(GUI)

メニュー 仮想マシン > 設定を開く f:id:tweeeety:20140922122854p:plain

共有を開く f:id:tweeeety:20140922122910p:plain

共有フォルダを有効にするにチェックをつけてを開く f:id:tweeeety:20140922122949p:plain

新規に共有するフォルダを作成 f:id:tweeeety:20140922123032p:plain

追加 f:id:tweeeety:20140922123054p:plain

こんな感じで追加されました。 f:id:tweeeety:20140922123120p:plain

vmware(CentOS)側で確認(コマンド)

ゲストOSのCentosから共有フォルダを確認します。
lsで確認すると/mnt/hgfsという共有フォルダができているのが確認できます。

※ /mntに共有ディレクトリができていることを確認
# ls -al /mnt
drwxr-xr-x  2 root root 4096  9月 19 23:18 cdrom
dr-xr-xr-x  1 root root 4192  9月 22 11:28 hgfs

※ /mnt/hgfsにさきほど作ったvmware_shareが見えるようになった
# ls -al /mnt/hgfs
drwxr-xr-x 1 793103430 1522739515   68  9月 22 11:26 vmware_share
補足

ちなみにメニュー 仮想マシン > 設定から共有の設定を開き、
共有フォルダを有効にするのチェックを外した状態で確認するとこんな感じになります。 f:id:tweeeety:20140922123208p:plain

# ls -al /mnt
drwxr-xr-x  2 root root 4096  9月 19 23:18 cdrom
?---------  ? ?    ?       ?             ? hgfs

/mnt/hgfsVMware Toolsをインストールした際に作成されますが
有効にしないと正常に使えないようです。

共有を確認

最後にコマンドで適当なファイルを作ってmac側と共有できてるか確認してみます

# cd /mnt/hgfs/vmware_share/

# touch tekitou.txt

mac側で見るとちゃんとできました f:id:tweeeety:20140922123226p:plain

4. 開発環境について

つきなみですが、今回のはこんな感じでの開発を想定してます。

今回のファイル共有の設定後、
ゲストOS(centos)内の共有フォルダ内にシンボリックリンクを作って
開発環境としてアクセスしようとしてもできません。
※ やり方ある場合はおしえていただけると(><)

ためしにやってみる
シンボリックリンク作る
# cd /mnt/hgfs/vmware_share/

# ln -s /home/hoge/dev dev

# ls -al
lrwxr-xr-x 1 793103430 1522739515   10  9月 22 11:48 dev -> /home/hoge/dev
-rw-r--r-- 1 793103430 1522739515    0  9月 22 11:41 tekitou.txt
macからアクセスしてみる

こんな感じでアクセスできません。 f:id:tweeeety:20140922123236p:plain

なので、今回の共有設定はライトにファイルを共有したい場合に使います。
開発に関しての共有は次回で。

参考サイト

こちらの手順は主に下記のサイトを参考にさせていただきました!
* VMWareFusion上のCentOS6.5にVMWareToolsをインストール
* VMwareToolsの動作確認・起動はどのようにすれば良いですか。
* VWware上のCentOSからMacの共有フォルダにアクセスする方法

まとめ

ってことで、単純ファイルの共有はできるようになりました。
開発環境についてはまだできていないので[次の記事で!
Mac(OS X)とVMWare Fusion7(CentOS5.3)で開発環境を作る-Samba設定したりiptables編集したり