読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

さくらvpsの設定自分メモ - ssh設定② - クライアント2台目以降の設定(for win)

さくらvpsの設定自分メモ - ssh設定① - for macでは、
基本的なssh設定をmacでも行いましたが、他の端末(windows)からも入れるようにする設定です
今回はputtyを使います

はじめに

はじめに一般的なssh設定のメモをしておきます
公開鍵認証方式を設定する一般的な流れはこんな感じ

※↓の流れは[サーバ]をVPS、[クライアント]を個人用のPCと考えてOKです

SSHの設定初回時

1.[クライアント]で公開鍵、秘密鍵のペアを作る
2.[クライアント]から公開鍵を[サーバ]へ送る
3.[サーバ]で必要に応じてauthorized_keysファイル作ったりsshdの設定したり
4.[クライアント]で必要に応じてsshのconfigを設定する

SSHするクライアント2台目以降

1.[クライアント]で公開鍵、秘密鍵のペアを作る
2.[サーバ]側でauthorized_keysファイルに[クライアント]で生成した公開鍵文字列をコピペする
3.[クライアント]で必要に応じてsshの設定をする

認証方式なんかについての理解はこのあたりを参考にして頂ければ、と。
共通鍵暗号と公開鍵暗号の解説とSSHでの認証手順

ってことで「SSHするクライアント2台目以降」がwinのときメモ

流れは↑に書いたのでその順番でやってきます
また、puttyで行いますが、ダウンロードやインストールはここでは割愛します
こちらとかが詳しいかと
PuTTYのインストール

1.[クライアント]で公開鍵、秘密鍵のペアを作る

PuTTYgenを開いて「生成」を押します

マウス動かせとか言われるので適当にぐりぐり動かします

公開鍵文字列が表示される(①)のでコピーしておきます。また、秘密鍵はファイルとしてwindowsのどっかに保存(②)しておきます
今回は「id_rsa_sakura.ppk」という名前でC:\ssh\id_rsa_sakura.ppkとして保存してみました

2.[サーバ]側でauthorized_keysファイルに[クライアント]で生成した公開鍵文字列をコピペする

これはVSPコントロールパネルとかで行います。
最初にSSHできるようにしたmacからvpsSSHしてからでも良いですが、今設定しているwindowsmacがそもそも同じ場所にあるとは限らないので。

ってことでvpsコントロールパネルにログインしてリモートコンソールを開きます
authorized_keysをviで開きます

$ cd /home/hoge/.ssh
$ vi authorized_keys
--vi追記--
公開鍵文字列をペースト
----------

vpsコントロールパネル上では「ctrl + v」とかでペーストできないのでこんな感じでペーストします

[クライアント]で必要に応じてsshの設定をする

ここまで設定したら後はputtyを開いてsshしてみます

puttyを開いたら下記を入力すればsshできるかと

1.ホスト名:vpsipアドレス
2.カテゴリ > 接続 > SSH > 認証を開いて「認証のためのプライベートキーファイル」で.ppkを参照する

こんな感じですね


ってことで、簡単ですが2台目以降 for winの設定ってことで。


複数のクライアントから接続」や「複数vpsに接続」はこちらが参考になるかと思います
複数の共通鍵管理