読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

【github】pull requestをgit commit --allow-emptyで行う

はじめに

いまさらではありますが、
githubを使った開発で修正して確認しては修正してという流れをたくさん行ってると
pull request出すのがどんどん遅くなりますよね。

そんなときは修正する前からpull reqっちゃいましょうというほとんど雑記メモ。

bitbucketについてもほとんど同じです。
【bitbucket】pull requestをgit commit --allow-emptyで行う

あじぇんだ

  1. git commit --allow-emptyとは
  2. pull requestを最初に送る理由
  3. git commit --allow-emptyからのpull request手順(for github)

1. git commit --allow-emptyとは

これはまんまですが、一応説明をば。

--allow-emptyは空のコミットの作成を許可するオプション

2. pull requestを最初に送る理由

メリットはいろいろありますし後述する参考サイトが丁寧に解説されてるので
そちらに詳細はお任せするとして一番はこれな気がします。

修正して確認して修正してを繰り返して、
最初のコミットまで時間がかかる場合になかなかpull requestを送れない

参考

3. git commit --allow-emptyからのpull request手順(for github)

ながれはこんな感じです。これもまんまですが一応。

  • ブランチを作成する
  • git commit --allow-emptyでコミット
  • git pushする
  • github上でpull request作る
ブランチを作成する
※ ブランチを切る。通常はmasterブランチから切るほうが良いでしょう
$ git branch feature/nanika_naosu

※ チェックアウトする
$ git checkout feature/nanika_naosu

※ 確認してみる
$ git branch
* feature/nanika_naosu
  master
git commit --allow-emptyでコミット

これはまんまやるだけですね。

$ git commit --allow-empty -m 'なにか修正する'
git pushする

作成したbranchを指定してpuhsします

$ git push origin feature/nanika_naosu
github上でpull request作る

この流れでpushまですることでgithub上にpull request作るボタンが表示されるのでpull reqりましょう。 f:id:tweeeety:20150531192549p:plain

pull reqを作ったあとは修正する内容をcommentするなどしてわかりやすくします。
f:id:tweeeety:20150531192603p:plain

[WIP]的なやり方もありますが、今回は--allow-emptyについてなのでまた別の機会に。

おわり

冒頭でも書きましたがbitbucketについてもほとんど同じです。
最後のweb上での操作が違うのでbitbucketの場合はこちらを参考に。
【bitbucket】pull requestをgit commit --allow-emptyで行う