読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

【PlantUML】PlantUMLをAtomエディタでliveプレビューさせてみるメモ for Mac

PlantUML mac

はじめに

PlantUMLはテキストベースでUMLがかけるので便利ですが、書くのと確認を繰り返すときにやや面倒です。
今時フロント開発でもliveプレビュー環境は当たり前になってきているので
PlantUMLもliveプレビューしたいものです。
f:id:tweeeety:20160902231709g:plain

探したらすごく良記事があったので参考にさせて頂いて入れてみます。
http://pierre3.hatenablog.com/entry/2015/08/23/220217

ながれ

1. macローカルな環境でPlantUMLを使えるようにする
2. Atomエディタを入れる
3. Atomでplantuml-viewerを入れる
4. Atomにlanguage-plantumlも入れる
5. AtomでPlantUMLを書きながらLiveプレビューってみる
6. Atomの`plantuml-viewer`のliveタイミングを調整する

1. macローカルな環境でPlantUMLを使えるようにする

PlantUMLをMacに入れるのは以前別記事で書いたので割愛します。恐らくそのままやればいけるはず
http://tweeeety.hateblo.jp/entry/2014/10/24/173359

2. Atomエディタを入れる

以下のAtom公式ページからdownload&インストールします
https://atom.io/

3. Atomにplantuml-viewerを入れる

Atomを起動してplantuml-viewerというpluginを入れます。AtomではPackagesという呼び方のようですね。

  • Packages -> Settings View -> Install Packages/Themesの順番にmenuを開きます f:id:tweeeety:20160902231122p:plain

  • Packageの検索にplantuml-viewerと入力して検索すると表示されるのでおもむろにInstallします f:id:tweeeety:20160902231140p:plain

  • 設定を少し変えるために Settings を開きます f:id:tweeeety:20160902231151p:plain

  • 今回は文字コードだけ変えるので Charsetutf-8と入力します f:id:tweeeety:20160902231206p:plain

なお、設定はこの画面の左ペインメニューにある Packages という項目から該当のパッケージのSettingを選択すればいつでも開けます

4. Atomにlanguage-plantumlも入れる

language-plantumlというplantUML用のシンタックスハイライトpackageもあるようなので入れておきます。
書いてるときの文字色も見やすいほうが良いですよね。

3. Atomにplantuml-viewerを入れると同様に、
Packages -> Settings View -> Install Packages/Themes からlanguage-plantumlを探してinstallする感じです。

シンタックスハイライトがつくとやや見やすくなります f:id:tweeeety:20160902231453p:plain

5. AtomでPlantUMLを書きながらliveプレビューってみる

ここまできたら早速使ってみます。
以前の記事で書いたplantUMLの内容まんまですが、こんな感じにクラス図を書いて sample.pumlという名前で保存します。

@startuml
scale 800 width
Class01 <|-- Class02
Class03 *-- Class04
Class05 o-- Class06
Class07 .. Class08
Class09 -- Class10
Class11 <|.. Class12
Class13 --> Class14
Class15 ..> Class16
Class17 ..|> Class18
Class19 <--* Class20
@enduml

肝心のliveプレビュー機能ですが説明にはこんな感じでショートカットが載ってます。 f:id:tweeeety:20160902231302p:plain

macでのliveプレビューのショートカットは、control + option + pです。
control + option + pしてみるとこんな感じで表示されます。

  • control + option + pやる前
    f:id:tweeeety:20160902231453p:plain
  • control + option + pやった後
    f:id:tweeeety:20160902231325p:plain

6. Atomplantuml-viewerのliveタイミングを調整する

liveプレビューがliveすぎて重いそうなので、これも参考記事のまんまですがやってみます。
やることの概要としては、plantuml-viewerの処理がjsで書かれているのでsettimeoutを使ってlive間隔を直接編集します。

  • plantuml-viewerのsetting画面を開いてView Codeを押します f:id:tweeeety:20160902231519p:plain

  • 新規に画面が開くのでlib/plantuml-viewer-view.jsを開きます f:id:tweeeety:20160902231533p:plain

  • liveプレビューする際に呼ばれるupdateImage()という関数の変わりとなる関数を作成します。
    PlantumlViewerViewというfunction定義があるのでその中の一番下に追加ですね。

function PlantumlViewerView (editor) {

  // 省略

  var updateImageTimerId = 0
  function queueUpdate () {
    if (updateImageTimerId) return
    updateImageTimerId = setTimeout(function () {
       updateImage()
       updateImageTimerId = 0
    }, 100)
  }
}
  • lib/plantuml-viewer-view.js内に4カ所ほどupdateImage()がいる(201608現在)のでqueueUpdate()に置き換えます
// 省略
function PlantumlViewerView (editor) {
  ScrollView.call(this)

  // 省略

  function attached () {
    disposables = new CompositeDisposable()
    //updateImage()を置き換え
    queueUpdate()
    if (atom.config.get('plantuml-viewer.liveUpdate')) {
      disposables.add(editor.getBuffer().onDidChange(function () {
        if (loading) {
          waitingToLoad = true
          return
        }
        //updateImage()を置き換え
        queueUpdate()
      }))

  // 省略
  // あと2つくらいあるのでそっちも

これでめでたくliveプレビュー環境が整いました!!!

参考

おわり

参考記事をまんま参考にさせて頂きましたがやりたかったことができました!
pierre3のブログ さんに感謝感謝です\(^o^)/