読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

【vim】vimの設定の確認 - :set

はじめに

vimには:set number:set autoincrementなどいろいろな設定があり、
また、.vimrcに設定する事もあれば開いてから設定する事もあります。

設定の仕方はさておき今開いてるvimでの設定はなによ?というのを知りたいときのメモです。 初歩的すぎますがたまに忘れて調べるので…

内容

  1. 全部確認する
  2. 設定のon/offを確認する
  3. 個別の設定を確認する
  4. 設定をhelpで確認する
  5. どんな設定があるか日本語で確認する
  6. 設定の説明が書いてある日本語のサイトを開く

1. 全部確認する

全部確認は簡単です。vim開いてる中のコマンドモードで:setと打つだけです。

打つとこんな感じで今設定されている内容がでてきます

:set
--- Options ---
  ambiwidth=double    background=dark     cursorline          hidden              ignorecase          list                number              scroll=32           smartcase           ttyfast             window=67         nowrapscan
  autoindent          backspace=eol       helplang=en         hlsearch            laststatus=2        modified            paste               shiftwidth=2        tabstop=2           ttymouse=xterm    nowrap
  directory=~/.vim/tmp
  fileencoding=utf-8
  fileencodings=ucs-bom,utf-8,default,latin1
  filetype=htmlcheetah
  listchars=tab:>-,trail:-,nbsp:%,extends:>,precedes:<
  runtimepath=~/.vim,~/.vim/bundle/Vundle.vim,~/.vim/bundle/nerdtree,~/.vim/bundle/vim-go,~/.vim/bundle/gocode/vim/,/usr/local/share/vim/vimfiles,/usr/local/share/vim/vim74,/usr/local/share/vim/vimfiles/after,~/.vim/after,~/.vim/bundle/Vundle.vim/,~/.vim/bundle/Vun
dle.vim/after,~/.vim/bundle/nerdtree/after,~/.vim/bundle/vim-go/after,~/.vim/bundle/gocode/vim//after
  statusline=%F%r%h%=
  syntax=htmlcheetah

2. 設定のon/offを確認する

hoge=fugaの設定については内容がわかりやすいですね。
ignorecaseとか単体のものは表示されている=その項目がonです。

ためしにignorecaseをOFFにして確認してみます。
設定をOFFにするには設定名の前にnoをつけます。

# 今の状態を確認
:set
--- Options ---
  ambiwidth=double    background=dark     cursorline          hidden              ignorecase          list                number              scroll=32           smartcase           ttyfast             window=67         nowrapscan
  autoindent          backspace=eol       helplang=en         hlsearch            laststatus=2        modified            paste               shiftwidth=2        tabstop=2           ttymouse=xterm    nowrap
  directory=~/.vim/tmp
  fileencoding=utf-8
  fileencodings=ucs-bom,utf-8,default,latin1
  filetype=htmlcheetah
  listchars=tab:>-,trail:-,nbsp:%,extends:>,precedes:<
  runtimepath=~/.vim,~/.vim/bundle/Vundle.vim,~/.vim/bundle/nerdtree,~/.vim/bundle/vim-go,~/.vim/bundle/gocode/vim/,/usr/local/share/vim/vimfiles,/usr/local/share/vim/vim74,/usr/local/share/vim/vimfiles/after,~/.vim/after,~/.vim/bundle/Vundle.vim/,~/.vim/bundle/Vun
dle.vim/after,~/.vim/bundle/nerdtree/after,~/.vim/bundle/vim-go/after,~/.vim/bundle/gocode/vim//after
  statusline=%F%r%h%=
  syntax=htmlcheetah

# 消してみる
:set noignorecase

# 再度確認してみる
# ignorecaseが消えている
:set
--- Options ---
  ambiwidth=double    background=dark     cursorline          hidden              laststatus=2        modified            paste               shiftwidth=2        tabstop=2           ttymouse=xterm    nowrap
  autoindent          backspace=eol       helplang=en         hlsearch            list                number              scroll=32           smartcase           ttyfast             window=67         nowrapscan
  directory=~/.vim/tmp
  fileencoding=utf-8
  fileencodings=ucs-bom,utf-8,default,latin1
  filetype=htmlcheetah
  listchars=tab:>-,trail:-,nbsp:%,extends:>,precedes:<
  runtimepath=~/.vim,~/.vim/bundle/Vundle.vim,~/.vim/bundle/nerdtree,~/.vim/bundle/vim-go,~/.vim/bundle/gocode/vim/,/usr/local/share/vim/vimfiles,/usr/local/share/vim/vim74,/usr/local/share/vim/vimfiles/after,~/.vim/after,~/.vim/bundle/Vundle.vim/,~/.vim/bundle/Vun
dle.vim/after,~/.vim/bundle/nerdtree/after,~/.vim/bundle/vim-go/after,~/.vim/bundle/gocode/vim//after
  statusline=%F%r%h%=
  syntax=htmlcheetah

3. 個別の設定を確認する

:setの確認はすべてが表示されましたが、設定名はわかっていてそれだけ知りたいんだよという事もありますよね。
その時は :set 設定名? と打ちます

# ↑でignorecaseを消した状態で確認してみる
# -> noignorecaseと表示される
:set ignorecase?
noignorecase

# 再度設定してみる
:set ignorecase

# 再度確認してみる
:set ignorecase?
ignorecase

4. 設定をhelpで確認する

設定をhelpで見るには :helpに続けて設定項目名を打ちます

:help ignorecase

自分の設定だとこんな感じで画面上部に表示されているのがhelpです f:id:tweeeety:20170404195839p:plain

5. どんな設定があるか日本語で確認する

よくまとまっているサイトがあるのでまんま見てください、というだけですw

6. 設定の説明が書いてある日本語のサイトを開く

vimでは:!に続けて外部コマンドを打つ事で、vimを開きながらコマンドが打てます。

↑で紹介したサイトを使わせて頂きますが、
openコマンドを使ってvimから直接↑のサイトの該当の説明へ飛ぶ事も可能です。

:! open http://www.kawaz.jp/pukiwiki/?vim\%2Foptions\#ignorecase

このまま打つことはあり得ないと思うので
直接ブラウザで開くなりscript化しちゃったほうが良いですねw

終わり

初歩過ぎ的な内容でしたが、改めて書くと頭にもより入っていいですね\(^o^)/