読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tweeeetyのぶろぐ的めも

アウトプットが少なかったダメな自分をアウトプット<br>\(^o^)/

Bitbucket使ってみるメモ①-さくらvpsやら会社のlinuxにgit cloneってみる

はじめに

githubについても書きましたが、今度はBitbucketです。
とはいっても本当に登録~使ってみるだけのメモ!

参考程度に
githubに適当にリポジトリ作って開発環境としてみるメモ①-さくらvpsやら会社のlinuxにgit cloneってみる

※追記※

Bitbucketについては3つの関連に分けて書きました。参考程度に載せます

bitbucketちょい説明

といってもほぼまんま参考サイトの引用です

BitbucketはGitHubと同じ、バージョン管理ツールリポジトリを預かってくれるホスティングサービスです。
かつては有料でしたが、オーストラリアのソフトウェア会社、Atlassianが2010年に買収し、無料でも使えるようになりました。

参考サイト
GitHubとBitbucketの比較:Webデザイナーの業務にはBitbucketが向いている

ながれ

  1. 登録する
  2. 設定変えて日本語にする
  3. commit&pushとかしてみる

1. 登録する

下記サイトから登録します
https://bitbucket.org/

  • サインアップする
    ユーザ名、Eメール、パスワードを入れて無料サインアップ

f:id:tweeeety:20140817201318p:plain

  • 画像認証する
    表示される画像の数字を入力してsubmit

f:id:tweeeety:20140817201332p:plain

  • Bitbucketに参加
    いくつか入力して送信

f:id:tweeeety:20140817201340p:plain

たぶん登録自体はここで終わりです

  • チュートリある?
    ぽいですが、そのままの情報で適当にリポジトリ作ってみます。
    とりあえずCreate

f:id:tweeeety:20140817201354p:plain

  • 少しだけ待つ

f:id:tweeeety:20140817201401p:plain

  • そのままDoneする
    SouceTreeはソフトウェアです。今回はいらないのでそのままDone

f:id:tweeeety:20140817201409p:plain

  • サイドバーの説明を省く
    サイドバーの説明してきますが、Got itで終わらせます

f:id:tweeeety:20140817201416p:plain

とりあえず登録作業としてはここまで

2. 設定変えて日本語にする

次に英語でもやれなくはない英語は読めないので日本語にします

  • 設定を開く
    右上の人型を押すとメニューが出るのでManage account選択

f:id:tweeeety:20140817201429p:plain

  • Languageを変更
    LanguageがEnglishになっているのでJapaneseに変更してSave settings

  • これでメニューとかが日本語になりました

f:id:tweeeety:20140817201447p:plain

3. commit&pushとかしてみる

Linux上からcommit&pushしてみます。
上記の流れでTutorialというリポジトリを作らされたので、そこに対しておこなってみます

github使うときと似てるとは思うので、微妙なところやgitコマンド入ってない場合はこちらも参考にしてみてください
githubに適当にリポジトリ作って開発環境としてみるメモ①-さくらvpsやら会社のlinuxにgit cloneってみる

linuxでの操作
bitbucket用に鍵を作る
※ 鍵作る
# ssh-keygen -t rsa -C "for_bitbucket"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/hoge/.ssh/id_rsa): /home/hoge/.ssh/id_rsa_bitbucket←名前を変えたいので入力してEnter
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in id_rsa_bitbucket.
Your public key has been saved in id_rsa_bitbucket.pub.
The key fingerprint is:
・・・省略・・・

※ 確認
# ls -al *bit*
-rw------- 1 hoge hoge 1743  8月 17 20:29 2014 id_rsa_bitbucket
-rw-r--r-- 1 hoge hoge  395  8月 17 20:29 2014 id_rsa_bitbucket.pub

# cat ~/.ssh/id_rsa_bitbucket.pub
---ここに表示される文字列を後で使う---
鍵の設定

ssh経由でbitbucket使うのでその設定を行います

※ sshのconfigに追記する
# vi ~/.ssh/config
---- vi追記 ----
Host bitbucket.org
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_bitbucket
  User git
  HostName bitbucket.org
----------------
bitbucketでの操作

こんどはbitbucket側で先ほど作った鍵を登録します

鍵を登録
  • 右上の人型アイコンからアカウントの管理を選択

f:id:tweeeety:20140817205939p:plain

  • 左サイドメニューからSSHキーを選択

f:id:tweeeety:20140817205949p:plain

  • 鍵を追加押す

f:id:tweeeety:20140817210248p:plain

  • 鍵を登録
    ポップアップが現れるのでLabelは適当、Keyに上述した---ここに表示される文字列を後で使う---に表示される文字列を貼り付けて鍵を追加押す

f:id:tweeeety:20140817210002p:plain

  • 鍵が追加されました

f:id:tweeeety:20140817210008p:plain

git cloneしてみる

準備はできたのでさきほどのtutorialリポジトリをcloneしてみます。
git cloneするURLがどこに書いてあるかは後述します

※ 適当なディレクトリ作って移動する
# mkdir ~/bitbucket

# cd ~/bitbucket

※ cloneしてみる
# git clone git@bitbucket.org:hoge/tutorial.git
Initialized empty Git repository in /home/hoge/bitbucket/tutorial/.git/
Enter passphrase for key '/home/hoge/.ssh/id_rsa_bitbucket':
remote: Counting objects: 125, done.
remote: Compressing objects: 100% (95/95), done.
remote: Total 125 (delta 41), reused 98 (delta 28)
Receiving objects: 100% (125/125), 18.95 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (41/41), done.

# ls
tutorial

# cd tutorial

# ls -al
合計 24
-rw-r--r-- 1 hoge hoge 4527  8月 17 20:48 2014 README.mdown
-rw-r--r-- 1 hoge hoge 4421  8月 17 20:48 2014 README.text
-rw-r--r-- 1 hoge hoge  212  8月 17 20:48 2014 sample.html
-rw-r--r-- 1 hoge hoge 1296  8月 17 20:48 2014 sandbucket.jpg
適当なファイル作ってcommit&pushしてみる

cloneはできたのでcommit&pushしてみます

※ 適当なファイル作る
# echo 'testtest' > test.txt

※ add、commit、pushする
# git add test.txt

# git commit -m 'test commit'

# git push

bitbucket上のリポジトリに移動してソースを見るとtext.txtが追加されてます

f:id:tweeeety:20140817210047p:plain

git cloneするURL

git cloneするURLですがこんな感じでたどれます

f:id:tweeeety:20140817210051p:plain

  • 上のほうに表示されているHTTPSをプルダウンしてSSH選択

f:id:tweeeety:20140817210057p:plain

これでSSHでのURLが表示されます

まとめ

こちらはこちらで使い勝手良さそうですね!\(^o^)/